野寄だんじり改修披露

神戸は東灘区の野寄地区のだんじりが20年ぶりに大改修工事が行われ、
秋晴れの9月23日にお披露目が行われました。

同地区の地車は三十台を越える中で、本住吉神社に宮入りする十台のう
ちの一台。 江戸時代から続くが、先の大戦の空襲で焼失。 約四十年
ぶりに地域の住民の熱意で復活を遂げた歴史を有す。

大改修を終えただんじりは、神戸型で
 ・高さが4mを越え、長さも約7mの大きさ(同区で最大級)
 ・屋根は葺地と破風の落差が大きく、出が大きい
 ・鬼板(川原和夫作)に鳥衾
 ・そとゴマ
 ・刎高欄
 ・棒鼻という担ぎ棒
 ・飾幕は立体刺繍にて外幕式
 ・鳴り物は太鼓、二丁鐘、半鐘を用いダイナミック。笛は使わず。

さらに特徴的なのは彫り物として地域の名所や歴史がモチーフに。
 ・三枚板には、地域に伝わる大日如来の逸話や昔地域に栄えた
  水車製粉業、御影石切り出しの図柄
 ・縁葛は地域の古跡や風景全24景
 

正面
     正面
前方
    前方
三枚板・見送り
  三枚板・見送り

側面
      側面
側面
      側面
木鼻
      木鼻
三枚板
     三枚板
披露運行
    披露運行
宮入
     宮入
庫入・フィナーレ
  庫入・フィナーレ


《私の独断と偏見のお勧め度》


星4

                                   (2006年 9月 23日)
期間 06年 9月 23日
所在地 兵庫県 神戸市 東灘区 西岡本4-8-7
 大日女尊神社(野寄神社)
アクセス JR東海道本線「住吉駅」下車 徒歩約15分
リンク http://lifetotalassist.net/web/m0410.html
問い合わせ先 野寄地車保存会
nishiokamoto_@yahoo.co.jp




Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2006 祭情報総合サイト Allrights reserved.