つぶろさし


  「つぶろさし」って、ご存知でしたか。
 この祭をご存知のあなたは、相当な奇祭通ですね(o^^o)
 かく言う大ちゃんも知りたてホヤホヤです(^ー^* )  

 6月15日に新潟県佐渡市で行われます「羽茂まつり」で五穀豊穣と
 子孫繁栄を祈願して奉納される伝統ある神楽が「つぶろさし」です。

 「つぶろさし」の「つぶろ」は男根「さし」はサスルの意(//∇//) とか。

 草苅神社に奉納されます「鬼舞つぶろさし」と菅原神社に奉納されます
 「太神楽つぶろさし」が代表的です。(どちらも佐渡市内)

 「鬼舞つぶろさし」では役の小角(えんのおず)に従っとされる赤鬼、
 青鬼役の演者が棒を持ち邪気を祓う「鬼舞」のあと「つぶろさし」が行
 われます。

  ここの「つぶろさし」の演じ手は巨大な男根を模した張形を持った精力
 絶倫の「つぶろさし」と美女の「ささらすり」の2名で、気を引こうとする
「ささらすり」の誘いを無視していた「つぶろさし」が最後は張形を振り回し
 和合の喜びを独特かつユーモラスな所作で演じます。(/-\)いやーん

 「太神楽つぶろさし」では「つぶろさし」「ささらすり」に加えて、不美人
 だが官能的でお金持ちの熟女「銭太鼓」の3名で、「ささらすり」「銭太鼓」
 双方から誘いに目移りしていた「つぶろさし」がこちらも最後には・・・・
 
 




Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2006 祭情報総合サイト Allrights reserved.