だんじり

「だんじり」の中では岸和田が有名ですが、実は関西各地にあります。

そもそも「だんじり」とは、関西・西日本で祭礼のときに引く山車のことで
車輪をつけた神楽をお囃子を行い、曳き回すものです。

「だんじり」の言葉の由来は諸説あって、
 ・屋台をじりじりとひきずることから、「台ずり」が転じたか
 「台躙り(だいにじり)」が転じ、「だんじり」になったとする説。
 ・「山車(だし)」が方言化により、「だんじり」になったとする説。
 ・道教や密教で「祭場」や「塚」を意味する「壇」を引きずる意味から、
 「だんじり」になったとする説など。

一般的に「だんじり」は漢字で「地車」と書かれる事が多いですが、
そのほかにも「屋台」「壇尻」「台尻」「楽車」「花車」「屋台」などとも
書かれることがあります。

「だんじり」の造りは地域ごとにいろんな違いがありますが、大別すると
 ・つくりが粗く、男性的なシルエットの上地車と
 ・つくりが細かく女性的なシルエットの下地車に分けられます。

上地車は、摂津、河内、北泉州、兵庫県など広範囲に存在します。
下地車は、岸和田を中心に南泉州に存在しています。




Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2006 祭情報総合サイト Allrights reserved.