くんち

「くんち」の語源は[宮日]とも[供日]とも言われ、陰暦9月9日の重陽の
節句に開催されたことから九日が訛った(「くにち」⇒「くんち」)という
のが有力です。
※中国では奇数は縁起のよい陽の数と考え、中でも一番大きな数である9が
重なる9月9日を「重陽」として祝ったといわれています。

一般的には「長崎くんち」が有名でご存知の方も多いかと思います。
実際には「くんち」の名前がつく祭は九州を中心に多く行われています。
その中でも長崎市諏訪神社の「長崎くんち」、佐賀県唐津市唐津神社の
「唐津くんち」、福岡市櫛田神社の「博多おくんち」が日本三大くんちと
言われています。

それぞれの祭を簡単にご紹介しますと
「長崎くんち」長崎県長崎市にある諏訪神社の祭礼。10月7~9日
 見所は「龍踊(じゃおどり)」「鯨の潮吹き」「太鼓山(コッコデショ)」
 「阿蘭陀万才(おらんだまんざい)」などポルトガルやオランダ、中国な
 どの影響を受けた南蛮、紅毛文化の風合いを色濃く残した、独特でダイナ
 ミックな出し物(奉納踊)です。

「唐津くんち」佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭。11月2~4日
 まず注目は巨大な曳山(ひきやま)。木型に紙を張り重ね造形する漆の
 一閑張(いっかんばり)はまさに芸術品!! その14台の曳山を笛・
 太鼓・鉦(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エン
 ヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに旧城下町を勇壮に曳き舞わす。
 最大の見せ場は「お旅所神幸」での西の浜の砂地への曳山の引込みです。

「博多おくんち」福岡県福岡市にある櫛田神社の例祭。10月23~24日
 メーンの「おくんちパレード」は両日とも午後二時半に同神社を出発して
 牛車に曳かれる神輿を先頭に、立烏帽子や天冠をかぶった子供たちによる
 「稚児行列」や「博多おくんち踊り隊」、各団体の仮装行列などが
 一帯の町内を練り歩き、境内では奉納相撲大会、柔道大会なども催される。




Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2006 祭情報総合サイト Allrights reserved.